コンクリート配合計算 の計算式を教えていただけないでしょうか。

  • : http://ichioak.com/g/haigou.html こちらのコンクリート配合計算の計算式を教えていただけないでしょうか。 お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたします。

コメント

  1. ichioak より:

    お問い合わせありがとうございます。

    まず、市販されているセメント、砂、砂利の各1袋の重量は
    25kg、20kg、20kg
    です。

    これを、1袋:2袋:3袋の配合比でコンクリートを作ると、仕上がりは55リットルくらいになります(砂や砂利の袋に書かれている場合があります)。

    コンクリートの比重は2.3 (kg/ℓまたはt/㎥)と言われているので、仕上がったコンクリートの重さは
    55 x 2.3 ≒ 127 (kg)
    になります。

    これは、セメント25kg、砂 40kg、砂利 60kg から、127kgのコンクリートができるということです(とりあえず水分の重さは無視)。

    仕上がりの体積をV (㎥)とすると、その重さ W (kg)は
    W = V x 2.3 x 1000 (kg)
    となり、

    これを作るために必要なセメント、砂、砂利の重量はそれぞれ
    W1 = W x 25 / 127 (kg)
    W2 = W x 40 / 127 (kg)
    W3 = W x 60 / 127 (kg)

    重さが出れば、必要な袋の数はそれぞれ、

    N1 = W1 / 25 (袋)
    N2 = W2 / 20 (袋)
    N3 = W3 / 20 (袋)

    となります。

    配合比が1:3:3や1:3:5などの場合も同じような考え方で、重さのところを入れ替えればできるはずです。

    ご不明な点やおかしなところがありましたら、ご遠慮なくお知らせください。

    • より:

      これを、1袋:2袋:3袋の配合比でコンクリートを作ると、仕上がりは55リットルくらいになるの55Lは感覚的な量ですか。

      • ichioak より:

        解答が遅くなって申し訳ありません。

        はい、そうですね。感覚的・経験的です。ちなみに砂の袋に仕上がり容量が書いてるのがあるのですが、例えば
        こちらの砂の袋の写真だと、1:2:3で練り上がり57Lとあります。ほかのものでは59Lと書いていたりします。

        水の量も練り具合を見て感覚で決めますし、経験上、このくらいを見ておけば間違いないです。

        コンクリートは少し足りないのは最悪で、少し余るくらいがちょうどよく、そういう意味では精度が高いと思っています。

タイトルとURLをコピーしました